キャリアロック解除品の携帯が高値で売れる理由

キャリアロック解除品の携帯が高値で売れる理由は?

キャリアロック解除品の携帯が高値で売れる理由は? 携帯電話と言えば任意のキャリアの窓口に出向いて契約の手続をするものであり、選択したキャリアの電波しか受信できないものですが、一手間加えて解除品とすれば携帯電話会社に左右されることなく使用することが可能です。
そうした柔軟性の高さから解除品は決して一般的に認知度が高いものではないものの、市場では高値で取り引きされるという実情があります。
一見、スマートフォンが登場してからじわじわと知名度が高まりつつある、初めからロック解除されているいわゆるSIMフリー版と一緒くたにされることがありますが、SIMフリー版とは大きく違います。
本来は一つの通信会社でしか使えない携帯電話を技術を用いてロック解除させた物を指し、だからこそ高値で引き取って頂けるのです。
ノーマルの端末に比べると2倍近くも高値が付けられていることがありますし、手放す際に得られる額は大きく違いが生じます。
携帯を売る予定がある方は、解除品としての扱いが受けられるようにしてから持ち込むと良いです。

携帯はSIMフリー化してから買取に出そう!

携帯はSIMフリー化してから買取に出そう! 新しい携帯を購入すると、二台持ちにする場合を除き、それまでに使用していたものは必要なくなります。
そのまま所有していても意味がないため、買取してもらうと良いでしょう。
そして、買取金額をわずかでも上げる裏ワザがあって、それはSIMフリー化です。
たいていの携帯は、大手の業者が他社に顧客が流れていかないように、自社の製品でしか使用できないようにロックをかけています。
これを解除することをフリー化と呼び、どの業者のものでも自由に使えるようにするのです。
どこで買取ってもらうかにもよりますが、高いところだと三割ほど金額がアップすると言われているので、やる価値はあるでしょう。
やり方はとても簡単で、契約している通信会社にお願いすればSIMフリー化をしてもらえます。
ただ、分割払いをしていて、まだ完済できていないなら断られる可能性が高いです。
加えてSIMフリー化には無料で行える時と、数千円ほどが必要になる場合があるため、事前に確認しておくと良いです。