お財布ケータイ等削除すべき?

宅配で携帯買取する時新品未使用でもお財布ケータイ等アプリは削除すべき?

宅配で携帯買取する時新品未使用でもお財布ケータイ等アプリは削除すべき? 宅配で携帯を買い取ってもらうことが決まったはいいけれど、お財布ケータイ等の既存アプリの個人情報が残っていたらどうしようという人必見です。
削除した方がいいのか迷っている人、せっかくの新品未使用品が中古扱いになってしまうかもしれません。
新品未使用の場合、買取の条件として携帯キャリア各社との契約を解約していることが条件となります。
事前に情報がお財布ケータイアプリに入っているのではという心配はご無用、通常新規立ち上げ時に個人情報を入力したりパスワードを設定する画面になります。
そのため未使用である以上、自分の情報がどこかに公開されてしまうということはまずありません。
また、買取店舗も動作や状態確認でそうした情報でトラブルが生じないように対策をしている場合が多いです。
アプリを削除してしまうと、初期設定で入っているソフトが入っていないとみなされてしまい、査定額に影響が出てしまうことがありますので注意が必要です。
もし気になるようでしたら買取店舗へ連絡を入れるというのもひとつの手だと言えます。
宅配で顔の見えない相手とのやりとりとなりますので少しでも安心できるといいですね。

宅配で携帯買取する時解約手続きは済ませるべき?

宅配で携帯買取する時解約手続きは済ませるべき? 結論から先に言うと新しい携帯でSIMカードを挿入するタイプのものは、解約手続きを先にする必要はありません。
そのかわり利用者情報がSIMカードに書き込まれているため、それを抜いて本体のみを売却することになります。
もちろん、SIMカード無しで売却したからといって査定額が変わることはありません。
実際に携帯買取を依頼すると暗証番号を初期化して誰でも使える状態で宅配業者に渡すことになります。
もし、昔発売されていた携帯本体に利用者データを書き込むタイプでしたら、解約をせずに誰でも使える状態で売却すると通話料金など全て契約者に請求されることになります。
その場合は解約手続きや機種変更の手続きを売却前にする必要はあります。
しかし、SIMカードを挿入するタイプであれば、それを本体から抜いて売却することで、その後本体がどのような使い方をされたとしても契約者に料金が請求されることはありません。
抜き取ったSIMカードは新しい携帯電話に挿入して使うことも、解約することも自由です。
そのため、その手続きの時期は売却の前でも後でも変わらないことになります。